Pocket

ジップロックは使い方を知ってしまうと、
本当に便利なものです。

 

ジップロックにはコンテナタイプ(容器になっていて蓋ができるもの)と
フリーザーバッグタイプ(袋になっていてジッパーがついているもの)
があります。

 

コンテナタイプのジップロックなら洗って再利用する人は
多いのかなと思うのですが、、袋タイプのフリーザーバッグは
再利用するのか、捨てるのか悩みますよね。

 

今回は、ジップロックでも
袋タイプのフリーザーバッグの再利用について
お話していきたいと思います。

 

ジップロックの再利用する場合の乾かし方はどうしたらいいの?

ジップロックを再利用するにあたって、
メーカーの見解はどうなのかと言うと、
食品を入れる場合は衛生上使い捨てを推奨しています。

 

確かにそうでしょうね。
でもですよ、そうは言っても、使い捨てって
高くついてしまいますよね。

 

ですから、ジップロックを再利用するのか、しないのか
の基準を設けましょう。

 

当然ですが、穴が開いてしまったり、ジッパーが破損してしまった
ものは処分すると思いますが、油物に使ってしまった場合も
捨ててしまったほうが良いかなと思います。

 

また、ジップロックに直接食品も入れるのではなく、
ラップなどに包んでから、保存しておくと、
ジップロック自体もそれ程汚さずに使えると思います。

 

1回使ったら次は使えそうにないなと、思う食材には
100均ショップなどにあるようなもので使い捨て用を
別途で用意しておくのも良いですよ^^

 

ジップロックの袋の洗い方ですが、
ボウルに洗剤を浸してつけ置きし、スポンジなどで
優しく洗うのが良いですよ。

 

袋も結構丈夫なので、中と外をひっくり返して、
洗ってあげると、隅っこの部分も簡単に洗えます。

 

そして気になる乾かし方ですが、
口にするものですから、衛生的に気になるものですが、
食洗機がある家庭なら、乾燥しておくと熱殺菌できて良いですよ^^

 

あるいは、ハンガーに洗濯バサミで吊るして日の当たるところで
乾かしておくのも良いですよ^^
(外だとホコリ等が付着するため、室内のほうがお勧めです)

 

よく乾かした後に、アルコール消毒液などで拭いてあげると、
より安心して再利用できますよね。

 

ジップロックの再利用にうまく収納にはどうしたらいいの?

コンテナタイプのジップロックなら、
使い終わった後、重ねる事ができるので、
うまく収納されているようですが、
フリーザーバッグになると、収納方法が分からなく
なったりしませんか?

 

袋だから重ばらないんだけど、引き出しとか開けると、
散乱しちゃって、なんかしっくりこないなって・・・

 

そんな人には、
フリーザーバッグの重ばらない特徴のを利用して、
クリアファイルに収納してみてください。

 

クリアファイル自体も場所を取らないので、
ちょっとした空いてるスペースに立てかけておくと、
使いたい時にすぐに取り出せて便利ですよ^^

 

まとめ

ジップロックは使い出したら、
余った食材を冷凍用に保存したり、
買ってきた食材を切り分けて仕込みやすくしておいたり、
離乳食用に使い分けたり、
子供のおやつ用に使い分けたり、
あるいは食品には使いづらくなったら、
子供の細かいおもちゃ(ビー玉など)の収納用にしてみたり、
ボタンやリボン入れにしてみたり、
所持している薬の携帯用にしたり、
犬の散歩のウ○チを入れてみたり(ジッパーすれば臭いも
消えるので、実はかなりオススメだったりする)
と、用途はさまざまなものだったりします。

 

使い捨てなんて、もったいない。

 

再利用できるものは再利用して、
エコエコ(エコノミーとエコロジーのことです笑)に
うまく活用していきたいものですね^^

スポンサードリンク