Pocket

赤ちゃんが生まれて初めての育児に
赤ちゃんから元気をもらったり、家庭が賑やかに
なっているのではないでしょうか?

スポンサードリンク





日々の赤ちゃんの成長に喜ぶ一方で、
ある日突然ぐずりだして、どう対応して良いのか
分からなくこともありますよね。


今回はあかちゃんがぐずりだした時の原因や
ぐずりだした時の対策方法についてお話していこうと思います。


赤ちゃんのぐずりで寝ない理由hとは


赤ちゃんは泣くことでしか、ママやパパに
伝えることが出来ないので、何が原因で泣いているのか
わからないことがよくありますよね。


でも、赤ちゃんと接しているうちに、
泣き方などで、「お腹が空いたのかな?」
「ウンチやおしっこで気持ち悪いのかな?」
「暑いのかな?寒いのかな?」
「眠たいのかな?」
など、自然とわかるようになってくるのですが、
何をしてもぐずって泣きやまないってことは誰にでも
経験があると思います。


そんな時はまず、赤ちゃんの体調を見て下さいね。


熱があったり、ミルクの飲みがいつもより少なかったり、
ウンチの臭いや色が違っていたりと、いつもと違う
サインが出ているはずなので、よーく見てあげてくださいね。


でも、赤ちゃんのぐずりってそれだけでは無いんですよね。


何かを訴えて泣いてはいるんだけど、何をしてあげても
違うようだし、ずーっと泣いている赤ちゃんの声に
ママやパパも疲れてきますし、近所にも泣き声がうるさくて
迷惑なんじゃないかなとか、自分たちもストレスがたまって、
イライラ、育児ノイローゼになってしまうなんてことにも
なりかねませんよね。


それで、赤ちゃんのぐずりの原因なんですが・・
赤ちゃん自信にも分からないそうです。


ただ、何となくイライラしているとか、不安だったり、
泣きたいだけとかになっているそうです。


言い方を変えれば、「赤ちゃんの成長期」というのがあって、
赤ちゃんの成長の早さには驚かされると思うのですが、
それに心と体がついていけず、アンバランスな状態になるので、
泣くことで発散させているそうです。


ぐずり泣きしている時って、ママが抱いてあげると
落ち着いたりしますよね。(パパだとダメなケースがありますが)


そういう時は、抱いてあげて安心させてあげるのが良いですよ^^


赤ちゃんのぐずりを減らすために放置するのが良い!?


特に親の世代になると、
赤ちゃんに抱き癖をつけると、家事や自分のことが
できなくなるから、放置させておくで、赤ちゃんも
泣いても誰も来てくれないと学習して、次第に泣かなくなるから
泣いても放置しておくのが良いんだよと思っている人が多いです。


当時はそれが子育ての基本みたいなところもありましたが、
昔と今では育児の方法もだいぶ変わってきました。


今では、放置して子育てしておくことをネグレクトなどと
言ったりするのですが、乳幼児期にどれだけ子供に
関わったかで、子供の成長に大きく影響していくと
言われていますよね。


愛情に飢えた子って、大人になっても愛情を欲しがり、
DVの原因やどこかしら、心の不安定を抱えたまま
成長していったりと、後からでは補えないそうです。


そのためにも、
今は大変かもしれませんが、
ぐずり泣きは一時的ですから、赤ちゃんと
大きく関わって、抱っこもできるだけしてあげて、
感情豊かな子にして、成長を喜んでくださいね^^


ちゃーんと成長してくれますし、
赤ちゃんの時期って、後になってみると分かるのですが、
本当に一瞬ですから、今という時間を大切にしてあげてくださいね^^


赤ちゃんのぐずりの対策とグッズ


赤ちゃんと関わって、
なるべく抱っこしてあげるのは分かるけど、
それだと、家事や自分のことをする時間がないですし、
赤ちゃんも成長して大きくなると、抱っこばかりでは
腕や腰などに負担がかかってきますよね。


そういう人には、おんぶ紐や抱っこ紐がお勧めです。
今では、首の座っていない新生児にも対応しているものもありますし、
ベビースリングというものでしたら、横抱きもできるので、
おっぱいをあげながらなどできます。


おんぶ紐や抱っこ紐も3wayや4wayと呼ばれるものでしたら、
赤ちゃんの体重を分散できるように設計されているので、
腰への負担も軽減できます。


赤ちゃんは、胎内にいたぬくもりや感覚を覚えているので、
肌が密着していると安心してぐずり泣きが減ると思いますし、
ママにも家事と育児の両方ができるので、
あかちゃんのぐずりで大変と思っているようであれば、
一度検討してみるのも良いですよ^^


⇒ カジュアルで使い勝手の良い抱っこ紐の「napnap」


⇒ 特許申請中の全額返金保証付きのスリングや抱っこ紐の「キューズベリー」

スポンサードリンク