Pocket

年末が近づいてくると、お歳暮のシーズンですが、
贈る物って毎年悩んだりしませんか?


他にもお歳暮を贈る時期や、金額やマナーなど
気にかけてみると分からないことばかりです。


今回は、お歳暮についてお話していこうと思います。


スポンサードリンク


お歳暮の時期はいつからいつまでに?


お歳暮は、日頃お世話になっている人に一年の感謝をこめて、
年末にギフトを贈るもので、お中元を贈らなくてもお歳暮だけを
贈るという人も多いと思います。


お歳暮は地域によって多少の違いはありますが、
関東では12月初旬~12月31日までの間、
関西では12月13日~12月31日までの間とされています。


ですが近年、11月下旬にはお歳暮が贈られたりと早まっている傾向があります。

一方で、お歳暮の最終日が12月31にまでとはなっていますが、
年末は何かと忙しかったりするので、12月20日までに贈るのが良いでしょう。


お歳暮の人気商品や予算や金額は?


お歳暮の予算の目安ですが、
お中元よりも2~3割増しで商品を贈ることが多く、
金額としては3000~5000円程度が一般的のようです。


また、目上の方に対しては、少し高めの金額の商品を贈ることが多いです。


人によって、お歳暮で欲しいものが違うので、贈る側としては
そこが難しいのですよね。


それで、アンケートを集計してみると、
欲しいものリストの中で上位を占めるものに
商品券やカタログギフトなんて意見もあったようですが、


やはり人気どころはハムやソーセージなどの肉類やお菓子やスイーツ、
蟹や海老や鮮魚などの海産物やビールや日本酒などの飲食物が人気のようです。


洗剤やタオルなど生活用品よりも、
自分ではなかなか買わないような飲食物が、
ちょっと贅沢な気分になり喜ばれるようですね。

⇒ 但馬牛・三田和牛専門店ミート・マイチク

⇒ 菅乃屋

⇒ 「佐藤黒」・「村尾」など他では手の入らない銘酒ぞろい




お歳暮を贈る時のマナーとは?


お歳暮の本来の贈り方は、事前に訪問時間を打ち合わせして、
直接先方宅へ届けるというのが習わしでしたが、
今では何かと忙しかったり、両者の都合など合わせるのも大変ですので、
デパートや百貨店から配送されるほうが多くなっています。


贈る相手は普段からお世話になっている両親や親戚、
友人や知人や仲人や恩師、会社の同僚や上司や取引関係など
いろいろとあると思います。


とは言え、会社関係や親族などお互いに贈るのを禁止にしているところも
あると思いますので、その辺りはケースバイケースで。


また、お歳暮を受け取ったらできるだけ早く感謝の気持ちを込めた
礼状を贈るのが基本となっています。


お歳暮のお返しは、感謝の気持ちを表した贈り物なので、
基本的には不要ですが、心苦しかったりするようであれば、
時期が間に合うようであれば、表書きには「お歳暮」で贈り、


間に合わないようであれば、
関東地方では1月7日(松の内)、
関西地方では1月15日までに届くように「御年賀」として贈ります。


それにも間に合わないようであれば、
2月4日(立春)までの間に「寒中お伺い」や「寒中お見舞い」として贈ります。


また、喪中の場合では、
お祝いごとの贈り物ではなく、日頃の感謝の気持ちを込めた贈り物なので
大丈夫ですが、お歳暮の時期が忌中であるようなら、
時期をずらして、「寒中お伺い」や「寒中お見舞い」として贈ったほうが
良いかもしれませんね。


まとめ


お歳暮には日頃の感謝の気持ちを贈るものなので、
相手が喜ぶものを贈りたいものですね。


どんな商品が人気あるのか楽天などで売れ筋を調べてみるのも
良いかもしれませんね^^

⇒ お歳暮人気ランキング【楽天市場】

スポンサードリンク