Pocket

仕事を辞める理由は、それぞれにあると思いますが、
余程の理由がなければ、退職を決意したからといって、
明日には辞めますというわけにはいかないものです。

 

仕事をやめようと思った時にいざ封筒に宛名を書こうと思った途端、
退職届?退職願?それとも辞表!?
いきなり手が止まってしまうものです。

 

それではそれぞれの違いを理解しておくことから始めてみましょう。

 

 

辞表・退職願・退職届のそれぞれの違い

 

・退職願とは…会社側に「退職」したい要望を伝え、会社側が退職を承認・
延期・却下などの判断を委ねるものとなります。

 

または、会社側からの妥協案や改善などで、自分の考えが
変わったりした場合に、自分から取り消すことも可能です。

 

しかし、自分が会社側にとって余程の有望な人材でない限りは
引き止められることはありません。

 

・退職届とは…自分の意志が固く、辞めることが決定の意味をします。

 

 

会社側からの延期や却下などはありませんが、法律上では
最大2週間の時間を確保できると言うのがありますが、
仕事の引継ぎなど、時間の掛かるものであったり、あるいは
有給休暇を消化したりなどで、1ヶ月以上前に退職届を
提出するケースが多いようです。

 

・辞表とは…辞表と退職願は同じ意味を持ちますが、辞表の場合は
会社役員であったり、公務員など立場のある人が提出する時に
「辞表」を提出します。

 

一般の会社員や従業員、派遣やパートやアルバイトなどは、
「退職願」や「退職届」と書くのが一般的です。

 

会社を辞めるには、何かしらの理由があるとは思いますが、
どうせ辞めるならやはり、後腐れなく、円満にいきたいものです。

 

一人の社会人として、大人な対応を心がけたいものです。

 

 

辞表(退職願・退職届)を出すタイミングは?

 

一言で言えば、ケースバイケースであるということ。
どういう事かと言うと、次の勤務先が決まっているのか、いないのか?

 

次の先が決まっているのであれば、〇月○日から勤務して欲しいなど、
要望を聞かれていると思います。

 

そのようであれば、退職届を即書き、「○月○日をもちまして、誠に勝手ながら
退職させていただきます」と提出をしなければ、今の勤務先にも
新しい勤務先のどちらにも迷惑をかけてまいかねませんよね。

 

ですからこの場合は、すぐに行動に移しましょう。
ただ、仕事の引継ぎなどがあるはずですので、法律上では2週間とは
なっていますが、できれば人として1ヶ月の猶予を持ったほうが
良いのではと思います。

 

一方で、退職をしようかどうか迷っている場合、
相談できる上司や先輩、あるいは同僚がいるのであれば、
一度相談してみるのが良いでしょう。

 

退職を考えているということは、今の会社に給料面であったり、
業務内容であったり、時間であったり、人間関係であったり、
何かしらの不満があってのことだと思いますので、それらの要望が
改善されるのであれば、今の会社が続けられるのか?

 

それでも無理なのか?自分の中である程度の答えは決められるはずです。

 

1人で考えていても、なかなか答えはまとまらないものです。

 

そうした自分の考えを素直にぶつけてみると言うのも一つの方法です。
それからどうするのか判断するのが良いでしょう。

 

 

辞表(退職願・退職届)の書き方は?

 

会社によっては指定の退職届等の申請書があったりするので、
一度、提出前に確認しておいたほうが良さそうですね。
自分で用意する場合、
白封筒と、書翰箋(しょかんせん)を揃えておきましょう。

(以後、説明するのは一例ですので、状況に合わせて使い分けてください)

 

 

白封筒の表側の中心付近に

 

「退職願(自分の状況に合わせてくださいね)」

スポンサードリンク
裏側左端に

「○○部〇〇課
     姓名」

 

書簡箋(しょかんせん)には

 

     退職願(自分の状況に合わせてくださいね)

 私事、

 この度、一身上(場合によっては会社)の都合により、平成○年○月○日

 をもちまして退職したく、ここにお願い

 申し上げます。

   平成○年○月○日

〇〇部〇〇課

 姓名 印鑑

 〇〇株式会社

 代表取締役 〇〇様 

 
上の例文では横書きになっていますが、縦書でも構いません。
自分の会社はどちらの方が合うのか考慮してください。

 

3つ折りにして封筒に入れたら、糊付けをして、
あとは上司あるいは社長に提出するだけです。

 

ここまで来たら、もう後には引けません。
会社を辞めるということは、人生が大きく変わります。
より良い人生を送ってくださいね。

スポンサードリンク