Pocket

食物アレルギーをお持ちの親は、お菓子や外食や食材選びに
色々と苦労していると思います。

 

我が家でも、上の娘が卵アレルギー、下の息子が
卵、牛乳、小麦ととにかく最初は大変でした。

 

そしてこの時期になると、
新しく保育園や学校に進学するようになると悩むのが、
給食ってどうなるの?って話です。

 

アレルギーを持った子供は年々増えています。

 

そして、色々と不安を抱えている人も多いようです。
我が家も当時は悩んでいましたので、
体験談を元に参考にしていただければと思い記事にしました。

 

 

アレルギー検査で入園・入学前に何のアレルギー症状があるか把握しよう

 

子供は嫌がりますが、入園や入学前に
病院に行って、アレルギー検査をして、何のアレルギー症状が
あるのか把握しておきましょう。

 

進級であっても、この時期には毎年アレルギー検査を受けたほうが良いです。
症状が軽くなれば、負荷検査などして、
ひとつでも食物アレルギーを減らせられれば、
子供も負担が減りますからね。

 

あと、検査でアレルギー反応が高くても、
実際に口にしても大丈夫な時がありますが、
そのあたりは医師とよく相談してからにしてください。

 

我が家の息子の場合は、卵・牛乳・小麦の他に
数値的には米も反応が出ていましたが、アレルギー反応は
出ていませんでした。

 

あと、味噌や醤油など原材料に一部に小麦が含まれていますが、
そちらも大丈夫でした。

 

検査結果を学校や保育園などに提出すれば、
各地域の対応をしていただけるはずです。

 

 

食物アレルギーの保育園の給食対応はどうなっているの?

 

あなたの通う地域によって、違いはあると思いますが、
保育園での食物アレルギーの対応はかなり進んでいます。

 

長女が保育園に通う頃(今現在、小学3年生)は、
アレルギーを持った子供は、全体の5%程度(クラスで1人)と
いった感じでした。

 

アレルギー持っている子供も卵がほとんどで、他では牛乳が
ダメと言う程度でしたので、当時からも、アレルギー持ちの子供は
卵除去の給食を用意して頂いていました。

 

一方今では、息子が来年度年長さんですが、
食物アレルギーを持っている子供は全体の10%程度(クラスで2~3人)
に増えた感じがします。

 

アレルギーの種類も卵は今でも一番多いですが、牛乳やエビ、カニや
小麦と種類も増えてきています。

 

 

どうして分かるのかというと、
私の通う保育園では毎月、1ヶ月分の給食の材料確認の
打ち合わせがあるため、他の親御さんと顔を合わせるからです。

 

息子の場合は卵、牛乳、小麦となっていて、
アレルギー持ちの中では一番やっかいなタイプですが、
ある程度は除去した給食を頂いています。

 

ただ、パンの日や麺類の日は、持参という形態をとっています。

 

ですが、全く違うものを用意するのは、息子もアレルギーで
食べられないのは、分かってはいても、自分だけ違うのも辛いので、
パンの日はゴパンでお米だけのパンを用意したり(2代目ゴパンですが、
実は意外と失敗する・・・取説にも書いてある・・・って駄目じゃん)
麺類の日はお米100%の米麺(製麺会社から定期的に買いに行ってる・・・
今ではネットでも売っている)を家で湯がいて持参しています。

 

保育園での対応はアレルギーの子供も増えている傾向にあるので、
年々力を入れて、マヨネーズなどもマヨドレを用意して頂いたりと、
良くなってきています。

 

 

食物アレルギーの小学校での給食の対応はどうなっているの?

 

保育園の時、アレルギーを持っている子供も小学校に上がる頃には
食べられるようになる子供も多く、小学校での対応は保育園ほど
やっていただけません。

 

ただ、献立表の細かい成分表などを別途頂いて、それらを自分で
チェックして提出し、自分で除去出来るものは除去する程度で、
卵焼きや、フライ物やマヨネーズがまぶされたサラダなどは
除去ができないため、持参させていると言った状況です。

 

その都度、
家庭より給食の一部を用意するのは大変ですが、
やはり一番つらいのは子供ですから、なるべく卵を除いた
同じものを持参させています。

 

息子の場合は、もっと大変になりそうですが・・・

 

 

最後に

 

食物アレルギーで一番つらいのは、子どもたち本人です。
今では、認知度も上がり、保育園や学校でも積極的に
取り組むようになりました。

 

また学校以外でも、飲食店やケーキ屋さんでもアレルギー対応の
メニューが増えたり、スーパーなどでもアレルギーの表示が
されていたりと、数年前に比べれば、本当によくなりました。

 

最初は卵だけのアレルギーでも、子供だけでなく、
私自身も負担が大きかったですが、息子が卵と牛乳と小麦も
ってなったら、食べさせるもの無いじゃんってなりましたが、
今ではアレルギーと向き合って、家庭でも美味しく食べられる
料理を愛情込めたいのちのご飯を心がけています^^

 

機会があれば、卵も牛乳も小麦も使わないけど、
手軽に作れて、美味しいご飯のレシピなども
載せていこうかなと思います。

スポンサードリンク